I love Jiro!!

ダイエットの大敵、ラーメン。しかも、私が愛してやまないのはよりによってデカ盛りで有名なラーメン二郎・・

相反するものを同時に片や実行しつつ、片や食べ続けて結果を出すというのがどれだけ厳しいことか絶賛体験中です。

さて、二郎についてお話しますと世の中のジロリアン(二郎好きな人の総称)毎に、千差万別の魅力を感じているからこそ足繫く通っているのですが、私が感じている魅力を以下に纏めました。

魅力その①

圧倒的ビジュアル

見たことある方もいるかと思いますが、丼からはみ出る野菜の山と油。初めて見た時は正直引きましたが、あのビジュアルこそ見た瞬間からテンションが上がり、同時に戦いのゴングが鳴るのです。

魅力その②

至高の調味料

まぁ、食べるまでに時間がかかります。まずはお店までに行く時間。そしてどのお店もほぼほぼ並んでるので行列に待つ時間。ただただその時間こそが空腹という名の最高とスパイスとなり、着丼と同時にラーメンに降りかかるのです。

魅力その③

繰り返す満足感・罪悪感

ギリギリの勝負に勝利(完食)した際の満足感が半端ないです。同時に色んな意味でのやっちまった感も半端ないです。ただ、その後悔も時間が経つにつれて薄れていき、またあの強烈な満足感を味わいたくて食べたい欲求が芽生えてくるんですよね~。

以上が私が自覚している二郎の魅力になります。ジロリアンの人によっても感じる魅力は人それぞれあると思いますので語り合えたら嬉しいです。

では、次回はそんな二郎に興味はあるけどなんだか呪文を唱えないと食べれないんでしょ?店員にめちゃ怒られるって聞いたわ。等々で敬遠してるけど行ってみたいって思ってる方へ、ハードルを下げるお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA